FC2ブログ

アヒル日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のテーマは「カップの2」。

カップの2


カップの2は愛のカードです。
カードの中に羽の生えたライオンがいますね。右のライダーウェイト版ではぐるぐると杖の姿もあります。
タロットではライオンは欲望を、羽は精神性を、杖は知性を表します。
描かれている杖はカドゥーケスの杖とも言われており、賢人の持つ杖だと言われています。

なんかもう、テーマがそっくりそのまま愛なのでどう書いたもんかなんですけど、
なんで好きかっていう理由でだらだら語りますね。

愛には色々な形があると思います。
でも、始まりはやっぱり全てのバランスが整った形をしているんだと思います。
その時のお互いの気持ちとか、相手を思い遣る気持ちとか、タイミングとか。
ここではまだ語ってませんが、カップの1が溢れる愛をテーマにしているんです。
カップの1でただ溢れるだけだった愛が、カップの2で精神と知性を味方につけて相愛になります。

個人的な解釈なのですが、ライオンは勇気の象徴でもあると思います。
愛を表現することを恐れないこと。やけっぱちにならずに相手の心を思い遣ること。
ただ溢れさせるだけなら欲望でもあり妄想でもあるのが愛です。
それを練り上げて、形にして、「ほら、これが僕の(私の)気持ちだよ」って見せるまでにはとても体力と勇気を使います。それがどちらか片方だけが頑張ったのでは一方通行です。
ふたりの一致点が見つかった時がこのカップの2なんだと思います。

カップの2のキーワードは

愛、結合、結婚、友情、協力、共感、相性、援助、支援、一対一の付き合い

です。

恋愛運で見れば、恋が叶う、あるいは一対一の真面目なお付き合いの出来る人と巡り合うと読めますから、超ラッキーカードです。
意外にも仕事運の意味合いも濃くて、時系列で見た時にこのカードが出ると、「経済的、職業的、社会的に思わぬところから援助を受ける」と読めるカードです。
政治でも会社でも、相手との関係性が良いものであることを蜜月期間なんて言いますよね。まさにそういうことです。

タロットの78枚あるカードの中で一番、一対一の関係性を大切に語っているカードだと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://ahirukaerukame.blog.fc2.com/tb.php/15-57d8af39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。