アヒル日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カチュアとメリーベル

またもや人様のキャラをらくがきしてしまった…
フォロワーさん、あびすさんの「彼の剣と彼女のペン」(「小説家になろう」様のページが開きます)より、
カチュアとメリーベル。

メリーベルさんが身長180くらいあると聞いて。

なにそれもう理想の恋人同士じゃん!

ってことで妄想しながら描いてました。
カチュアは私の中では身長156㎝くらいなので、この絵だともうちょっと身長差欲しいところだけど…
身長差カップルって美味しいよね。


それにしても人物に物持たすのって難しいですね…
屈んでる姿だったり、勉強になりました!
スポンサーサイト
今週末31日は、みずがめ座で今月2度目の新月です。
ひと月に2回満月があると2回目はブルームーンと言うそうですが、新月の場合はなんかないのかな。

31日のジャスト新月は朝6時57分だそうです。

占いなんて趣味にしてると、いろんな占いが気になります。
今一番やってみたいのは西洋占星術。
でも難しいんだ、これがー!!

「やさしい占星術」的なテキスト立ち読みしてみても、
「この星座はこういう性格です」っていうのしか書いてなくて、
そうじゃなくて私はホロスコープの読み方とかハウスの意味とか知りたいんだ。

占いの中でも占星術は難しい部類に入ります。
タロットはカードの意味を暗記すれば何とかいけるけど、
占星術は星と星の角度とか位置とか、「関係性」を理解していないと読めません。
それがわかるテキストが欲しいんだけど、なかなかこれだ!っていうのに出会えないんですよね。

そして堪え性のない峰さんは、スパッと理解出来ないと何もかもがいやになるので、
導入のテキストは難し過ぎないのが望ましいです。

そして始まりでまごまごしているという。

占いの本って最近は増えて来たけど、ちょっと前までは本当に少なくて、
タロットのテキスト探すのにも苦労しました。

いい本と巡り会えるといいなぁ。
本日のテーマは「カップの2」。

カップの2


カップの2は愛のカードです。
カードの中に羽の生えたライオンがいますね。右のライダーウェイト版ではぐるぐると杖の姿もあります。
タロットではライオンは欲望を、羽は精神性を、杖は知性を表します。
描かれている杖はカドゥーケスの杖とも言われており、賢人の持つ杖だと言われています。

なんかもう、テーマがそっくりそのまま愛なのでどう書いたもんかなんですけど、
なんで好きかっていう理由でだらだら語りますね。

愛には色々な形があると思います。
でも、始まりはやっぱり全てのバランスが整った形をしているんだと思います。
その時のお互いの気持ちとか、相手を思い遣る気持ちとか、タイミングとか。
ここではまだ語ってませんが、カップの1が溢れる愛をテーマにしているんです。
カップの1でただ溢れるだけだった愛が、カップの2で精神と知性を味方につけて相愛になります。

個人的な解釈なのですが、ライオンは勇気の象徴でもあると思います。
愛を表現することを恐れないこと。やけっぱちにならずに相手の心を思い遣ること。
ただ溢れさせるだけなら欲望でもあり妄想でもあるのが愛です。
それを練り上げて、形にして、「ほら、これが僕の(私の)気持ちだよ」って見せるまでにはとても体力と勇気を使います。それがどちらか片方だけが頑張ったのでは一方通行です。
ふたりの一致点が見つかった時がこのカップの2なんだと思います。

カップの2のキーワードは

愛、結合、結婚、友情、協力、共感、相性、援助、支援、一対一の付き合い

です。

恋愛運で見れば、恋が叶う、あるいは一対一の真面目なお付き合いの出来る人と巡り合うと読めますから、超ラッキーカードです。
意外にも仕事運の意味合いも濃くて、時系列で見た時にこのカードが出ると、「経済的、職業的、社会的に思わぬところから援助を受ける」と読めるカードです。
政治でも会社でも、相手との関係性が良いものであることを蜜月期間なんて言いますよね。まさにそういうことです。

タロットの78枚あるカードの中で一番、一対一の関係性を大切に語っているカードだと思います。
服を買う才能がありません。

服買いに行くとするでしょ?特に目的なく。
必ず買ってるんですよ、シャツを。
スカートとかワンピースも買えばいいのにシャツばかり何点も。

白いシャツばかり何点も。

他に水色とかあっても白を選ぶんですよ。
白シャツは汚しやすいから普通あんまり選ぶことないと思うんですけどね。
でも汚すことないよ!

二回言うね!峰さん女子力高いから!女子力高いから!


大事なことだから!

おかげさまでコーディネートには困りません。
白って何にでも合うからね!w

この年末年始でもシャツが三点とワンピースが増えました。
シャツ好きでもありますが、ワンピーサー(ワンピースを着る人の意)でもあります。

ワンピースは赤いのが多いです。
なぜって










赤いワンピース=武田武者の赤備え!!









って図式が出来ているから。

大阪の陣で真田幸村の甲冑が赤備えだったことは有名ですが、
幸村のお父さんとおじいちゃんは武田信玄の配下でしたからね!
多分由来はそこ!

そんな残念なインスピレーションで服を買うため、










私のワードローブは年中歌合戦です。











赤いワンピースと言えば、ごんさんのところのおトメさん。
おトメさんもいっぱいらくがきさせてもらったなぁ。

おトメさん
絵を描く人のつらいところは紙と鉛筆があれば遊べちゃうとこ!
学生時代はノートにらくがきだらけでした。(落書き用のページがある)

というわけで、今日はらくがき集です。

まずは自分の作品から。
「小説家になろう」様で連載させていただいている「風纏う者」(「小説家になろう」様のページが開きます)より、ルーズァとルビーンズ。の双子です。

の双子です。

ルーズァとルビーンズ






ルーズァをピンで。
なんか怒ってんのかなぁ。(フォント強調したから?)
ルーズァ

「まったく君はしょうがないなぁ」みたいなアジュ。(あれ?なんか上と繋がってる…)
アジュ




普段からよく人様のキャラを落書きしてることも多いんですが、その中でも仲良しさんでブログにキャラ載せても良さそうな人のも載せときますね。






あびすさんの「彼の剣と彼女のペン」(「小説家になろう」様のページが開きます)より、
ユリウスとカチュア。
カチュアは一番落書きしてるかも。あびすさんキャラの中で一番好きです。

ユリウスとカチュア

落書きしながらの素朴な疑問も添えて…

それからメリーベル。

メリーベル

この視線の低さはたぶんカチュア目線なのだろう。上目遣いのカチュアかわいいよカチュア(ゴロンゴロン)


同じく、あびすさんの「ハイテンション・ぴーえむしー!」(「小説家になろう」様のページが開きます)より、
シュネーちゃん。

シュネー

多分、こんな顔はウィンドとかエクレールにしか見せないだろう。
ラビットくんにはもっと愛想のない顔を向けているに違いない。


ひさなぽぴーさんのミュウちゃん(Pixiv様のページが開きます)
ミュウ


消さないで残してたらくがきはこんなところ。
ひさなぽぴーさんのお子さんは藤子ちゃんを描くことが一番多いんですが、後悔公開してもよさそうなのがなかったので。

それにしても画像多い日記って大変だな!(見る方もな)
いちいちアップロードするのに画像加工するのが大変。
というわけで、今度からは小出しにしていきますね。

今度はデジタルの落書きも載せていこうかなー。
なんかタロットの更新っきりですね。
最近タロット熱が熱いのでそのせいです。

今日は大アルカナの「恋人」と「審判」についてだらだらお話しようと思います。


恋人

こちらが「恋人」のカード。
あれ?変だな。恋人のはずなのに左は女の人がふたりいるぞ?

それはこのカードが持つ意味に由来します。

「恋人」のカードは本来は二者択一の「選択」のカードです。
真ん中の男の人はふたりの女の人に同時に言い寄られているんですね。
白黒はっきり付けなきゃなりません。難しい選択です。

でもね、男の人はもう本当はどっちにするか決めてるんです。
向かって左を向いているから。
恋人はいるけど、もうひとりの女の人も魅力的です。
果たして彼はどんな選択をするのか!?

右のカードではよく見ると女の人の脇にリンゴの木に絡まったヘビが描かれています。
イヴがヘビにそそのかされて知恵の実を食べ、アダムを誘惑した、というお話は聞いたことがある人も多いと思います。
「恋人」のカードの裏の(?)意味としては「誘惑」があるのです。

もちろん恋愛という意味もあります。
まあなんというかそのいわゆるおとなのれんあいというやつなんじゃないかとおもいます。
選択とか誘惑とかね。由来がアダムとイヴの知恵の実っていうのもエロスを感じるよね。

誘いをかけるのは女の人。
それにぐらっと来る男の人。

知恵の実を食べたとはいえイヴは本来無垢な存在なので、誘惑してることさえ無意識なのかもしれません。

「恋人」のキーワードは

恋愛、選択、ひらめき、出会い、幸福な恋愛の始まり、友情、結婚、コミュニケーション

です。
カードの上に天使が描かれていますね。
大天使ガブリエルです。
ガブリエルは聖書によれば「神の言葉を伝える天使」です。
それとカードのキーワード、「選択」や「ひらめき」を考えると、それは天啓というやつなのかもしれません。
このカードが正位置で出た場合、「選択を迫られるが、後になってそれが正しい決断だったと知る」と読めます。

恋人、友人、あらゆる選択は天使の導きで、振り返ってみれば幸せの序章だったということかもしれないですね。
(なんて素敵なまとめ方)




天使が出てくるカードはまだあります。そのうちの一枚が「審判」のカード。

審判

左のハーモニアスタロットの絵柄、一番好きです。神々しくて。

これも聖書由来なのですが、ラッパを吹く天使は救済を表しています。

最終戦争ハルマゲドンで悪魔たちを打ち負かし、審判の時が来たことを告げているのです。
悪魔たちに滅ぼされた死者たちはそのラッパの音で目を覚まし、救済を喜んでいます。

本によってはこの天使はガブリエルだという人もいますが、悪魔を打ち負かすような戦いの天使ならミカエルじゃないのかなーと思うのですがどうなんでしょう。
タロットをやる人はひらめきを大事にするので、ガブリエル大好きなような気がします。
ガブリエル!至上主義!みたいな。

私事ですが、自分で占うと最近よくこのカードが出ます。
どうやら私にも来たようだな、よみがえりの時が…

「審判」なんて言われると堅苦しくてちょっと身構えちゃいますよね。
このカードが一番宗教色が強いような気がします。

キーワードとしては

目覚め、覚醒、よみがえること、復活、仲直り、長くかかったことの最終的な勝利

です。
そう、「審判」は救済のカードであると同時に勝利のカードでもあります。
このカードが示す勝利は簡単に覆るものではなく、誰がどう見たって完璧なんです。

やっぱりガブリエルよりミカエルなんじゃないの?

「信仰の勝利」って意味もあるからなぁ…
宗教色が強いのはタロットが経て来た時代の影響もあるんだと思います。
長い時間を経てカードが加わったり順番が入れ替わったりしてきました。
私はタロットの歴史には興味がないので詳しく知りませんが、「審判」はレコンキスタが流行った頃に加わったカードだと聞いたことがあります。失地回復。十字軍。きっと当時の人にはお守りカードだったんだろうなぁ。

恋愛運や対人運でこのカードが出て来たら、文字通りの復活、仲直りの意味の他にも「新しい個人的関係」という読み方もします。

審判の時を迎えて世界は一変します。人間関係もそうです。変革が起こり、その後どう形作られるかはわかりませんが、勝利は天使が約束してくれています。きっと質問者さんにとって心から満足のいく結果になるのでしょう。

長い間悩んで来たこと、健康運に不安のある方はやっとここで救済があります。

でもこの救済や勝利は、神のご加護とかお導きとか、そういうものではないような気がします。
長く苦しんで悩んで来た土台があるからこそ手に出来た賜物なんだと思います。

「賜物」って不思議な言葉ですね。

降って湧いた幸運のような、神様から賜ったもののようですが、「努力の賜物」なんて言い方をするように、その人が得た結果は頑張って苦しんだ上に掴み取ったたからものです。

とても美しく輝いているからこそ、それが神様から遣わされたように思えるのかもしれません。
今日は私が普段使ってるスプレッドについて。
スプレッドとは展開法のことで、カードの並べ方のことです。

私はスプレッドってあんまり知らない(覚えない)ので、普段使ってるのもひとつだけです。
それがこのケルト十字法。

多過ぎず少な過ぎず、程よくカードを使っていて気に入ってます。



ケルト十字法



たまーにホロスコープ法っていう総合運を見るスプレッドも使いますが、
ホントにごくたまーになので各カードの配置の意味とか自分でちゃんと覚えてません。
自分で作ったノート見ながらやってます。
人の心理を詳しく知りたい!って人にはナインカード、ナインスプレッドも使います。



あと有名なのだと、ヘキサグラムとかホースシューとかギリシャ十字とかラバーズブリッジとかピラミッドとか生命の樹とか







ホント多くていやになっちゃう。







初心者向けには一枚のカードだけで占うワンオラクル、三枚(ないしは四枚)のスリーカードなんかもあります。
単純明快な答えを知りたい場合にもおすすめ。

とにかくタロットのスプレッドは数がたくさんあります!覚えきれない!
お気に入りのスプレッドをみっつくらい持ってれば十分占えます。
あんまりスプレッドをたくさんやり過ぎると、技巧ばかりで、肝心のカードを読む力が育ちません。

ケルト十字はとっても有名なスプレッドなので、並べる順番もカードの出し方も様々あります。
私は(↑)上の絵の順番で並べますが、人によっては③と④が逆だったり、⑤と⑥が逆だったりもします。
ですが、それはその人がどうするのが一番勘が働くかということだと思うので、
どうするのが正しい、とかいうことはありません。
私は最初に読んだタロット教本がこの並べ方だったのでしっくりくるってだけです。

カードの出し方も同じです。
カードを出す時には7枚目のカードを使います。
これが人によっては質問者さんの誕生日から割り出して何枚目を使うか決めるっていう人もごくたまにいます。

でもメジャーなのはやっぱり7枚目ですね。
7は数秘学(ヌメノロジー)ではひとつの周期の終わりを示す数字です。一週間も7日間ですよね。
数にもちゃんと意味があります。

7枚目で①のカードを引き、その後は連続して②~⑥を並べて、また7枚目で⑦のカードを引いてその後連続して並べる
という人もいれば、①~⑩まで全部7枚目のカードを引き直す人もいます。

私は後者です。

だってその方が当たる気がするし、いちいちカードの数え方変えてらんないっていうか。

可能なら、質問者さん本人にカードを混ぜてもらったりします。
だってその方が当たる気がするし。





飽くまで気がするし。





まあ、実際あんまり的外れなカードは出ません。
よくよく話を聞いとかないと読み間違うことはありますが、カード自体はちゃんと出ます。

個人的に、枚数の多いスプレッドを大アルカナだけでやるのはおすすめしません。
小説で言うならもう全部山場みたいなそんな感じになっちゃう。
大アルカナはとても大きな意味のあるカードたちで、特別なものです。
小アルカナにも、大アルカナの意味を強調するという役割もあるんですよ。

話が逸れましたが、スプレッドはあまり多く用いる必要はありません。
好きな人は色々知ってていいと思うし、質問者さんの問いに対する答えを出せるなら、
どんなスプレッドをいくつ使ってもいいと思います。

膨大な量のキーワードからどれを拾い集めて物語を作り上げるのか。
それが重要なことなんだと思います。
今日は山羊座の新月です。
新月の日に始めたことはよく続き、よく成長するそうです。
まだ太陰暦で過ごしていた頃から、農業では新月の日に種を蒔くといいと言われていたと言います。
一年の計は元旦にありと申しますから、皆さんも願掛けがてら計画を練ってみてはどうでしょうかね。

ちなみにジャスト新月は20時14分らしいです。

せっかくなんで、私も今年のテーマを決めようかな。
昨年は「人にやさしく」がテーマだったんですが、色々あっていっぱいいっぱい過ぎて、
全然達成出来なかったなぁ。

怒りの沸点の低い峰さんは人にやさしくするのがにがてです。
やさしくしようっていう気持ちはね!あるんだよ!

年の瀬に思い出したようにユニセフマンスリーサポートに登録してみました。

でもなんか私の目指すやさしさと違うなぁと思って。
こういうのってどっちかと言うと人類愛とか社会貢献で、私は隣人愛を目指してるんだと思います。
誰にでも優しくするんじゃなくて、身近な人を大切にすること。
その人が何を一番求めてるか知ること、それを叶えようと努力すること。

引き続きテーマにしていきたいと思います。「人にやさしく」。


あと、お正月のお料理を色々用意していて手作り熱が高まったので、
今年はお料理をうまく出来るようになりたいです。

今までもやる方ではあったんだけど、ちゃんとレシピ見て作ってなかったんで、
全部味から想像して作ってたんですよ。

「あ、ちょっとお酒が香るから煮る時に使ったんだな」とか、昆布だしか鰹だしかとか、油の種類とか。
でも「味をよくする工夫」っていうのを全く知らないので、

どのタイミングで何を入れるのがベストなのか
どういうやり方が一番その食材の味を引き立たせるのか

それがわからない。

それがわかってこその大人の女だわとかこの年末年始に思ったのです。
なので、今年のテーマのもうひとつはこれだなってね。


仕事はまだ目標持って何か出来る状態じゃないので、がむしゃらにやるしかないなー。
日々迫る終電と戦ってます。







女の子を捨てずに終電ダッシュすることが目下の目標です。







こんな私を今年もよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。