アヒル日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日二回目のブログ更新です。

考えてみたら喪中だから新年のごあいさつって出来ないんだよ。
更新ネタ間違えた。

今年を振り返ると予想外のことばかりだったなーと思います。
体調崩してるのに妙にアクティブだったりなんかハチャメチャな一年だったな。

今年のテーマは「人にやさしく」だったんですが、
私の方が皆さんに優しくされっぱなしでしたね。
おんぶにだっこで申し訳なかったです。





おかげさまで随分ぐうたら出来ました。

ありがとうございました。






構ったり遊んでくれたりした方も、叱ってくれた方も、励ましてくれた方も、ありがとうございました。
来年はちょっとでもその恩返しが出来るようにまた頑張ります。

来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
小アルカナの中でも好きなカードのひとつ。
ペンタクル(コイン)のエースです。





左は植物をテーマにした「ハーモニアスタロット」、右はオーソドックスなライダーウェイト版。


小アルカナには4つのグループがあります。

カップ(杯)=水、春、愛情、創造、日(時間)
ワンド(杖)=火、夏、仕事、知性、人間関係、週(時間)
ソード(剣)=風、秋、情報、理性、月(時間)
ペンタクル(金貨)=地、冬、物質、財産、経歴、年(時間)←イマココ!

それぞれ10枚のカードと、コートカードと呼ばれる人物のカードがあります。(キング、クイーン、ナイト、ペイジ)
トランプにナイトとペイジを足したのが小アルカナですね。
数で展開されるのが小アルカナなので、占ってみても、
大アルカナが出てくれば結果の意味はそちらの方が優先されます。

小アルカナはマイナーアルカナとも言い、大アルカナはメジャーアルカナとも言います。
タロットと言うと大アルカナの方がマンガやゲームにもよく出て来ますね。
カードの名前がそれぞれちゃんとあるので、題材にしやすいです。

ペンタクルはじっくり時間をかけるものを象徴していて、
技術とか家庭とか財を表すのですが、
ペンタクルのエースは小アルカナの中でも最強のカード!
意味の強さでは大アルカナの「世界」に匹敵します!





見るからにウハウハな「世界」(ザ・ワールド)のカード。


個人的には「世界」が出た時よりペンタクルのエースが出て来た時の方が嬉しいです。

キーワードとしては、

長く永続的な関係を築きたいという願望
繁栄、精神的な愛、幸福、満足、地上の楽園
成就、完全、完成、潜在的パートナーとパートナーシップ


ペンタクルは主に財を表すカードですが、
ペンタクルのエースはそれを土台にした精神的充足も豊かさと考えます。

恋愛の相談をされて占ってみた時、
タロットを知っている人ならカップではなくペンタクルが出て来ると複雑な顔をするんですが、
カップは愛情を示すカード、ペンタクルは愛を示すカードです。
恋愛の始まりならカップはいいでしょう。豊かで楽しい恋愛が出来ます。
長い付き合いを望むふたりなのだとしたら、
ペンタクルのエースが出たら結婚を考えてみるのもいいかも知れません。
経済的にもいい時期ですよ、とペンタクルのエースは教えてくれるんです。

なんてったって地上の楽園ですから!

勉強や仕事運の時だって、楽しく万全の成果を得られる時、と読めますから、心強いカードです。
ライダーウェイト版の方ではひとつの金貨をしっかりと手にしていますね。
偶然や一過性のラッキーじゃなくて、それが確かな実績があって得られる幸運であること、
努力が実って幸せとなることを教えてくれるカードです。

更に、エースは物事の始まりを表すカードでもあるので、
これが幸運のほんの始まりであると教えてくれてるんですね。
希望にあふれるカードでしょ?

逆位置で出てしまったとしても、幸運は変わりません。
ただ、自分がその幸運に恵まれたことに気付けるかどうかです。

逆位置で出てしまった時は、

「恵まれてることに気付けてる?」

「独り善がりになってない?」

ってカードが確認してくれてるものだと私は考えてます。

どんなカードもそうなんですけど、逆位置で出てしまったからって悪い意味になるものはありません。
(「塔」のカードはむしろ逆位置の方がいいけど)
逆位置で出た時は、カードが何かしらのメッセージを伝えようとしてくれてるんだと思います。



ブログの一番に「占いなんて当たるわけない」と書きましたが、私がそう考える理由があります。
ややこしい心理学的な話は省略しますが、人間には直感というものがあります。
心理テストはその直感を利用して深層心理を探るものなんですね。

人の運勢を占う時、その結果は必ず本人に心当たりがあるものなんです。
普通の人が想像するような予言めいたものを占いというのなら、
本人には予測しえない、聞いた時は「なんだこれ、当たってないぞ」と思うものこそが占いなんだと思います。
或いは、当たっていないと感じるのは耳に痛いアドバイスだからなのかも知れません。
冷やし中華はじめましたなノリで。(テンプレ)

サイトを持っていた時の日記のタイトルそのまま持って来ました。
あの頃をご存知の方も、そうでない方も、よろしくお願いします。
峰子です。

ツイッターでついつい語りに入っちゃうので、河岸を変える場所を作ろうかとブログを始めました。
あとは、「小説家になろう」さんで読ませていただいた作品のご紹介とか、出来ればいいなぁ、と。

もちろん自分のもね!

峰さんはせっかく書いたものを自己宣伝出来ないチキンだよ!
なんでかな。ことしはもっとせっきょくてきにいこうってきめたはずなのに。


自己紹介も兼ねて、ちょっとずらずら好きなものについて語ります。
峰さんは改行魔なので人によってはちょっと読みづらいかもしれません。


あと、全体的に愛が濃いです。


フォントも無意味にデカいです。



スマホや家族共用PCで見る場合は気を付けてね!w


私の好きなもの。
武田信玄、カエル、カメ、タロット占い。
食べものなら桃とオムライス。


信玄は




「信」の文字見て心拍数変わるくらい好きです。




甲府の武田三丁目辺りに住むのが夢です。(武田神社の真ん前)

信玄好きだからって謙信嫌いなわけでもありません。
戦国時代周辺の歴史が好きです。

ただ、






信玄は私の聖域やから。






引いた人はこのブログを閉じましょう。
おそらくこれからもずっとこんな調子です。
愛の病は醒めない。


私の好きなもの。
信玄についてはこの先もちょいちょい語ると思うんで忘れないでください。(最重要事項)


ふたつめはタロット。
自分で占うようになってもう5、6年くらい?
これも語り出したら止まりません。

元々私は大学で臨床心理学を専攻していました。
心理学で絵や図柄ってとても重要なんです。
タロットはユング派の心理学と絡めて語られるくらい、そのモチーフが独創的です。


PC300077.jpg


取り敢えず私の好きな図柄を並べてみた。

上段左から「太陽」、「恋人」、「審判」
中断左から「運命の輪」、「世界」、「女帝」、「力」
下段左から「カップのナイト」、「ペンタクルのエース」、「カップの2」、「カップのエース」、「ペンタクルのクイーン」

上段と中段は「大アルカナ」と呼ばれるカードで、全78枚中、22枚の大きな意味を持つカードです。
下段は「小アルカナ」と呼ばれるカードで、カップ、ソード、ワンド(杖)、ペンタクル(コイン)の4構成です。

絵だけ見るとなんのこっちゃ、ですが、それぞれに意味やキーワードが隠されています。

占いなんて当たるわきゃないんですが、キーワードがガッツリはまって来ると誰かに見られてる気分になります。
たまに結構ドッキリする。

占う時は目的別に並べ方があります。その並べ方を「スプレッド」と言います。

スプレッドを広げてカードの絵にどんな意味があるのかを考え、
全てのカードを繋げてみると物語を作っているようです。
カードの意味を繋げて読んでいる時が楽しいのです。


私の好きなもの、代表的なのはこんな感じ。
定期的に歌の歌詞でも妄想広げて萌え萌えしてます。


こんな私ですが、仲良くしてくださる方はよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。